Windows10 20H2へのアップデートでVMwarが邪魔をする

うちのPCで最近公開されたWin10の20H2アップデートが失敗します。
原因は、VMwareが古くてWin10でサポートしていないバージョンのため。
確かに現在使っているのはVMware12でちょっと古いです。

しかし!
VMware14などへのアップデートはCPUが古いので対応しておらずできません。
そのためVMware12のまま何とか動作させる必要があります。
https://suzutake.at.webry.info/201910/article_3.html
※VMware14だとCPU未サポートということで起動自体できません。

少しググってみると、下記の手順で回避できたという記事がありました。
試してみると問題なく使えることが確認とれました。
 ①VMware12をアンインストール(設定情報は残しておく)
 ②Windows10 20H2を適用
 ③VMware12をインストール
 ④VMware12をWindows7互換モードで起動(ショートカットのプロパティで設定)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント